カテゴリー
未分類

リン酸処理ってなに?効果的な利用目的とは

リン酸処理による腐食防止効果

リン酸処理とは、鋼素材の表面処理に用いる1つの方法です。この処理を行うと、素材の表面に不溶性のリン酸塩皮膜を作ることができます。これにより、素材の腐食を防いだり、腐食の進行を抑えたりすることができるのです。つまり、リン酸処理は、風雨にさらされたり、外的な環境の変化が比較的激しかったりする所などで利用される鋼素材などを、できるだけ長持ちさせることを主な目的としています。そのため、建物の外に設置されている手すりや、屋外に設置されている、錆びやすい鉄素材でできているものなどには、リン酸処理が施され、その上から塗装されていることも多いのです。

リン酸処理による美観効果

リン酸処理は、鋼素材などの腐食を抑え、表面を保護するだけではなく、素材の美観を高めるためにも利用されることがあります。例えば、建物内のアクセントやアイキャッチとしての役割を持つ大壁などにもリン酸処理は用いられることがあります。リン酸処理後に、最終的な塗装や表面加工を施すことで、壁やパネルの重厚感や高級感を高めることが可能です。さらに、壁などに用いられる素材の質感を、できるだけ損ねずに利用したい場合には、リン酸処理は、素材の自然な質感を活かした加工ができるため、そうした要望にも適した加工だと言えます。

また、リン酸処理を施した壁などは、周囲にある様々な要素と調和しやすい特徴もあります。これは、リン酸処理を施した素材の風合いが、時が経つにつれて徐々に落ち着いていくためです。このように、リン酸処理は、素材を保護する目的とともに、建物などの美観を高めるためにも効果的な手段だと言えます。

金属製品にリン酸処理を行うのは表面に皮膜を作り、サビの発生を防ぐためです。リン酸との反応によって生じた皮膜は空気を遮断し、金属製品の微小な傷に酸素が触れてサビが生じるのを防ぐ効果があります。

酸洗いを調査
カテゴリー
未分類

どんな利点がある?CADを導入することで得られる利点とは何か

データを共有しやすくなる

紙の図面を使っている場合、図面のデータを共有しようとしても物理的な制限があります。例えば紙の枚数が多いことで他社に全ての図面を送るのが困難なケースがあるでしょう。この問題を解決してくれるのがCADです。CADは図面をデジタル化するため、図面データの共有が行いやすいというメリットが得られます。パソコンを持っていれば誰でも図面データを見ることができるため、社内で作業の分担を行うときにCADが役立ちます。他社と共同作業を行う場合にも図面データを共有フォルダに入れる方法やメールに添付する方法で、簡単にデータ共有が行えます。

修正作業が行いやすい

紙の図面の場合は、ペンと消しゴムで製図を行います。そのため消したい場所が見つかった場合に手作業で線を消すことが求められます。手作業で線を消す場合には必要な線も消してしまうリスクがあります。必要な線を消してしまえば、その線を書き直す手間があるので作業効率が落ちます。それに対してCADを導入した場合では必要な線を消してしまった場合でも、戻すボタンをワンクリックするだけで消す前に戻せます。保存場所を分けておけば、線を消した場合と線を残した場合での比較も行えるというメリットがあります。CADを導入すれば修正作業がスムーズに行えるので、作業効率がアップするでしょう。

シミュレーションが行いやすい

紙の図面は実際に建設したときの仕上がりが想像しにくいです。完成した姿を想像するには模型を作る作業が必要でしょう。それに対してCADはパソコン内で完成した姿を見ることができます。そのため製図中でも完成した姿をシミュレーションしやすいと言えます。

電気設計に特化したソフトには、有料だけではなく無料で利用出来るものもあります。電気CADを上手に利用して、仕事の能率向上に役立てましょう。

カテゴリー
未分類

凹凸の無い滑らかな仕上げに不可欠!消泡剤の使い方を学ぼう!

金属加工の際に生じる気泡を消すのが目的

金属製品に対する薬剤の塗布はツヤ出しやサビ止めなどが目的です。しかし薬剤の含有成分が金属に触れると反応を起こし、気泡を発生させることがあります。特に金属の表面をわずかに溶解させて皮膜を定着させる薬剤は気泡が発生しやすく、この気泡によって表面に凹凸が生じることも珍しくありません。そのまま放置すると気泡で生じた凹凸がそのまま固まり、金属製品の見栄えが悪くなります。このような事態を防ぐために使われるのが消泡剤です。消泡剤を入れることで薬剤が金属に反応しても気泡が生じなくなり、凹凸の無い滑らかな仕上がりにすることができます。

消泡剤は用量の調節が重要

消泡剤は金属製品の見栄えを悪くする気泡の発生を抑えるのに便利ですが、その一方で使いすぎには注意しなければいけません。消泡剤の量が多すぎると薬剤が反応せず、皮膜が綺麗に成形されないことがあります。また、消泡剤によっては薬剤の成分を分離させる作用を持つ物があるので用量の調節には十分に注意しなければいけません。金属製品のツヤ出しやサビ止めに使う薬剤によって消泡剤の適量も変わります。それぞれの薬剤に適し量を厳守し、余った薬剤はそのまま廃棄することも忘れてはいけません。空気に触れた消泡剤は汚れが混在している可能性があるためです。消泡剤は人体に有害な成分を含んでいる物も多いので、使用の際は絶対に素手で扱わないように注意します。

作業の際はマスクや手袋、エプロンなどの保護具を使用する他、作業場の換気も忘れてはいけません。

消泡剤とは対象の液体に泡が出来るのを防ぐ為、添加する添加物の事です。作用は大きく分けて2つあり、一度生成した泡を破壊する「破泡」と、泡の生成を抑える「抑泡」です。